About Gojo-Kaki

五條の柿

About Gojo-KAKI History

五條の柿の歴史

奈良家五條市西吉野町における柿生産の歴史をたどると、大正末期まで遡ります。この頃、「換金樹木作物」として畑地への植え付けが開始され、それと同時に耕地を果樹畑に転換し、開墾も進められたそうです。

現在、五條市西吉野町で生産されている柿は「富有」「平核無」「刀根」という種類で、中でも生産量の多い「富有柿」は昭和初期頃に普及し始めました。

昭和30年代後半から40年代前半には、柿をメインとした樹園地の造成が盛んになり、柿生産の適地の造成はほぼ完了しました。昭和49年には全国一の柿の産地を目指して、国営五条吉野総合農地開発事業がスタート。それまで開墾が困難とされていた荒れ山や急峻地も開発され、一大果樹産地が誕生しました。

このように、徐々に農家の経営規模が拡大し、営農の近代化が進められ農作業風景も以前とは一変しました。忍耐強く手作業で進めていた工程に、今では最新機器が導入されています。それでも変わらないのは、柿づくりに精進する農家の人たちの気持ちと姿です。手塩にかけて育てた柿の木は、その愛情に応えるように、毎年、立派で良質の柿を実らせます。
収穫量も日本一、柿の味はどの産地にも負けない自信があります。

News

新着情報